人と仕事を知る

集合研修が難しい。こんな時だからこそ「出来ることから」

私たちの職場内研修で開催された「ステップアップ研修」。今回、その動画のダイジェスト版を限定公開いたします。
新しい年度がはじまり新任職員がベテスダの家/イマジンにも加わってくれました。
支援現場では、日々の工夫や改善を重ねていますが、「あの時はどう対応したら良かったんだろう」と思い返して反省したり、悩んでしまうことも出てくるでしょう。そんなとき心強いのが先輩職員のアドバイス。良き相談相手、聞き手になれるよう心掛けているのが中堅の職員たちです。

実は中堅職員も研鑽を重ねています。単に重ねた経験からだけでなく、知識を身につけて後輩職員に伝える術をもたなくてはなりません。従来は外部機関の各種セミナー・講座に参加できましたが、昨年度はコロナ禍でそれもままならず。
そこで職場内の限られた参加者ではありましたが「ステップアップ研修」を実施しました。
今回は「ステップアップ研修」の動画を限定公開します。

☆★☆ もう一度、支援の考え方を見直そう。
☆★☆ 自閉症の方達への特性を学習スタイルから理解して支援を組み立てよう。
統括管理者中西昌哉が、「職員の皆さんには、メンバーさんの日常の様子から行動を丁寧に解釈して、支援者の対応に結びつけてほしい」と語ったところ、それを職場内研修で実施してはどうかと企画されたのが、ステップアップ研修でした。

参加した中堅職員からは
Voice 実際の映像を見ながらリアルな学びができた。
Voice 「見立てを揃える」、目からウロコでした。もう一度、自分の普段考えていることを深めていきたい。
といった感想も寄せられました。

今回はダイジェスト編集した「ステップアップ研修映像編」パート①~パート③まで動画をアップしました。
パート①(約11分)

パート②(約12分)

パート③(約20分)

こうした研修はそれぞれの福祉施設でも開催されているでしょうが、集合研修が難しい時だからこそ自分たちが出来ることから取り組みたいと思います。ご覧下さった方は、コメントをいただけますと幸いです。